不倫の慰謝料問題

不倫の慰謝料は切っても切れない大問題

罪を犯せば、人は償わなければなりません。
これは、どんな悪事にも共通することです。

 

些細な事で例えれば、子ども同士のケンカで、オモチャの取り合いになったとします。
無理やり取り上げるために、相手の子を叩いたとします。
当然、叩いた側の子は相手の子に『ごめんなさい』と言わなければなりません。

 

大人であるが故の謝罪

もっと大きな謝罪の例は、会社の資金を不正で流用して個人的な利益のために使い込んでしまったとします。
その場合は、『ごめんなさい』では勿論ですが、収まりません。

 

ちゃんと、使い込んでしまった分を返済する義務があります。
当然、会社も辞めなければならないでしょう。

 

悪質な場合には、刑務所に入ってその罪を償わなければいけません。
社会的制裁を、しっかり受けなければ関係者は許してくれないでしょう。

 

 

『不倫』も、不貞行為です

不倫がばれてしまった場合もやはり、罪を償わなければなりません。
不倫の代償としては『慰謝料』という形で償うのが一般的です。

 

不倫の程度によって、慰謝料の金額は大きく変動します。

 

50万円以下のものもあれば、500万という大金を支払わなければならない事もあります。

 

様々な事情を考慮して金額が決められるのです。
500万円は、かなり特殊な例の場合に適用されます。

 

妻が不倫した場合の特殊な例をあげてみます。
不倫相手が、子供の学校の担任の場合はかなり高額な慰謝料を請求されるようです。

 

今後の子供の人生にも関わってきますし、最悪の場合転校しなければならないという事にもなりえます。

 

 

夫が不倫した場合は、妻や子供を置いて家を出て不倫相手とすでに一緒に暮らしている場合です。

 

なおかつ、その不倫相手から妻宛に不倫の告白文などを送りつけるなど、精神的にかなりの負担をかけたと認められる場合には、かなり高額の慰謝料を支払わなければなりません。

 

これはどちらの例もとても特殊で想像するだけでゾッとするようなパターンですが、ほとんどの不倫裁判の慰謝料は300万円ほどが多いです。
300万円もかなり高額です。
特に、不倫の行為が直接的な離婚の原因となった場合の慰謝料の請求額は一気に跳ね上がります。

 

逆に、婚姻関係が破綻後の不倫については慰謝料が一切支払われないようです。
別居して、3年以上たっていると婚姻関係の破綻と決められていますが、別居前に不倫があったのかなかったのかはを証明するものがほとんどの場合ありません。

 

別居の原因になった不倫の有無の線引きがとても難しいので
不倫裁判が泥沼化してしまうのです。

不倫体験談

不倫の問題は専門の占いサイトへ

不倫に悩んでいる方にお勧めしたいのが不倫専門電話占いです!

占いと聞いて躊躇してしまう方もいらっしゃるかもしれません

しかし、今恋愛・不倫の悩み事をするのなら電話占いが一番人気なんです

その秘密は、しっかりとした守秘義務とどこからでもプロに相談できる手軽さ!

出向く必要も無いので誰かに勘ぐられる事もありません♪

また占い師の先生たちは過去に何人もの相談を解決してきた実力者ばかり

当サイトでは、口コミ、無料キャンペーンなどを考慮した

よりすぐりの信頼できる大手サイトをランキング形式でご紹介しています!

▽無料で占ってもらう▽